Sublime Text

今までずっとVimを使い続けてきたのだけど, 最近Visual Studioを使い続ける機会があったせいで, 他のエディターに手を出してみるのも悪くないなと思った.

MacだとたぶんSublime Textというのが人気らしい. 最近流行りのイケイケなかんじのエディター(?). 使ってみたら,何も設定しなくても見た目キレイだし,機能もたくさん揃っててすごい. どんな機能が揃ってるかはここで見ることができる. ここでは,個人的に気に入った機能を二つほど挙げようとおもう.

一つ目は,コメントアウトとその解除が(Ctrl or ⌘) + /でできるというもの. 範囲を選択すると,複数行も同時に出来る. この言語はどういうふうにコメントアウトするんだったっけと思い出す必要もなさそう.

二つ目はSublimeLinterというプラグインを使ってできる機能. 様々な言語のシンタックスチェックをリアルタイムで実行してくれる. 下の例はC++でやった場合.同じ変数を二度宣言してしまったところで,赤色でエラーを教えてくれる.

一方で,残念なところもまああって,例えば自動インデントが少しうまくいかない場合がある. C++で文字リテラルとして’(‘を使ったとき, Sublimeは普通の(と区別ができないのかわからないが, 改行すると一段インデントが深くなってしまう. どなたか対策方法を知っていたら教えて欲しいです.